大好きなシードを使ってケージの外に誘ってみた。

ほんとに外に出ようとしないぴぃたん。

運動不足になりそうだし、色んな遊びも知って欲しいのだけれど、ケージをパッカーンと開けていてもまったく出てきません。

今日はそんなぴぃたんを外に誘うべく、大好きなシードを外側に置いてしばらく様子を見てみました。(空腹時です)

冷ややかな目で見降ろす…。

ここにシードがあるのは確認できた模様…。

かなりお腹が空いているらしく、目はくぎ付けなのですが、下に降りてくるのを躊躇している感じがします。ソワソワしてどうしようか考えている。

これまでのぴぃたんを見る限りでは、アクションを起こす場合はその手前でソワソワし、左右にステップを踏んでみたり、かがんだ姿勢になったりします。

その兆候が見えたので、良い感じだな~♪と思っていたら、

おお!(*’▽’)

食べに出てきました(体半分だけど)

いいね、いいね(*´ω`)

食べ終わったらどうするのかと思いましたら、

しばらくキョロキョロして、ボーっとして、何か呟いたと思ったら、クルリと姿勢を反転し、スタコラサッサと中に入ってしまいましたとさ。

まだまだケージ内の方が安全だと思っているんでしょうねぇ。

手乗り&自由放鳥への道は遠いようですが、そんな中、踏み出せた小さな一歩でした。