籠に戻れない「ぴぃたん」に止まり木を使って事なきを得た話し

こんばんわ。

セキセイインコ「ぴぃたん」の飼い主Pママです。

だいぶ涼しくなってきましたね~。

朝晩なんて肌寒いレベルです。
インコにとってはかなり寒かろう…。

初めての冬を迎えるぴぃたんの為、
今日は鳥かごにヒーターを設置しました。

しかし、途中で(また)予想外の放鳥事件がまた起こってしまったのです。( ;∀;)

ヒーターは鳥かご側面につけるのですが、その過程で上部にコードを通さなくてはいけません。なので鳥かごの上半分と手前の扉を開け手を突っ込んだ状態でゴソゴソやっておりました。

ぴぃたんは端の方に寄って私が作業する様子をしばらくは大人しく見ていましたが、初めて見る長いコードにビックリしたのでしょう。途中で「バタバタ~ッ!」と籠の外に飛んで出てしまったのです(念のため窓は施錠済みでした)。

このような不本意な放鳥はこれまで2回ありまして、手乗りじゃないため籠に戻すのに苦労したんです。(一度目は素手で、二回目はタオルで包んで捕まえました)

無理に摑まえると、手は怖いと言うイメージをまた植え付けることになってしまいます。せっかくクチバシを触らせてくれる段階にまで慣れてきたのに信頼関係を崩したくない。

ま、今日はお休みで時間もあることだし、ちょっとそのままにしておくのも良いかな?と思いました。それでしばらく自由にさせてみることにしたのです。

前回は壁にぶつかって墜落したり、ぴぃたん自身とてもパニックになっているのが伝わって来て飼い主も一緒にパニックになったのですが、

三度目ともなると偉いもんで、今回は壁などにぶつかることもなく上手に飛びました。

まず向かった先は、TVの上。

しばらく覗き込むようにして画面を目で追い、有吉のトークに聞き入るぴぃたん(笑)。

お次は本棚にしている三段ボックスへ。
(飼い主のお勉強の本が沢山あるところです)

中身がちょっと気になる様子…。

この辺りで何度か捕獲(笑)しようかと思ったのですが、やっぱり逃げられた。

なにより私が保定をマスターしておらず、捕まえるの怖いんですよぉ(>_<)

お次は私のデスク備え付けの椅子へ移動。

何ですか、このドヤ顔は(笑)

エッヘンと言わんばかりに自信気な表情。

椅子が気に入ったのかここで当分まったりしておられました。
(もれなくウンPのプレゼント2個(‘_’))

この時点で約40分ほど経過。

(あ~ぁ、どうしよう。)
(今日はこのまま寝ることになるのかなぁ…。)

見守ってるのも結構疲れる。

しかし、

飼い主が諦めかけたその時!

チャンスは訪れたのです。

再び飛び立ったぴぃたんがなんと自分の鳥かごの上に着地。

おお!いいぞ!

チャ~ンス!!!

だけど、スパイダーマンみたく側面を這って降りてくる発想はお持ちでない様子…。

そこで思いついたのは、手の代わりに「止まり木」を使って誘導すること。

さっそくぴぃたんの前に止まり木を置いてみます。

あっけないぐらいすぐにご乗車 !(^^)!

足元に安定感が欲しかったんだね。

「ぴぃたん、賢い賢い✨」

「ぴぃたん、偉いよ、上手だねぇ✨」

手を叩いてはしゃぐ飼い主、

止まり木に乗るだけで褒め称えられるインコ(笑)

飼い主が歓喜している様子をCOOLな目で見ながら、今度はここでまったりしようとするぴぃたん。

しかしこの後すぐ、止まり木ごと籠の中へ収納されたのでありました(笑)。

このまましばらく放っておけば自分でケージの中に入ったのかもしれませんが、いつになるか分からないし。今日はここでお開きです。

この後可愛い声で少しさえずりが。

楽しかった~♬ってことか、

やっと帰れた~♫と言う意味なのか分かりませんが、

やれやれ、これで一安心だよ~。

そして、彼はヒーターが設置されていることに気づくのです。

暖かいよ~♬

寒くなるから使ってね✨

と言うことで、今日は不本意な放鳥でしたが、籠に戻す時には止まり木が有効であることに気付きました(なぜ今まで気づかなかったのだろう・汗)。

手乗りインコじゃなくても止まり木でなら誘導できそうですね。

ぴぃたんも久しぶりに運動が出来たようだし、心なしか満足気なご様子。

徐々に放鳥タイムを増やしてもいいかなと思いました。