素手でのエサやりになんとか成功@若鳥インコ手乗りへの道

こんばんわ~☆

セキセイインコぴぃたんの飼い主、Pママです。

ぴぃたんは人慣れしていないインコ。
お迎えした当初は警戒心バリバリでした。

三週間ほどたった最近ようやく少しリラックスできるようになったのか、色々な鳴き声やしぐさを見せてくれるようになってきました。

もちろん手乗りではありません。手乗りどころか人間の手が怖いようで、固まるか、ササっと奥へ逃げてしまうんです。

そんなぴぃたんともっと距離を縮めたい飼い主は、前回ペットボトルの蓋でのエサやりに挑戦しました。

ちょっと意地悪なやり方なんですが、数時間、ぴぃたんの嫌いなペレットだけをケージ内に置き(たぶん口にしないだろうという算段で)、空腹になっているところを見計らって私の手でエサ(シード)を差し出してみるというものです。

ケージ内に手を入れると怖がるぴぃたんのことです。いくらお腹が空いていてもすぐには食べてくれませんでしたが、長い膠着状態の後、なんとか食べてもらうことに成功。(周囲をめちゃめちゃ気にしながらのお食事でしたね・笑)

調子に乗った飼い主、今度は素手で試みましたよ。

興味を示すものの、プイっとそっぽ向くぴぃたん。

う~ん、素手はやっぱり無理かなぁ…。

粘る飼い主、痺れてくる腕…。

おっ!

その時、ぴぃたんの姿勢が前かがみに!

もう少しで食べそうです。

そしてついに!

いやったぁ~!(^^)!

食べた食べたっ!

イヤッホ~(@^^)/~~~

ぴぃたんのくちばしが時々手のひらにあたって、

なんとも気持ちいいぃんです、はい💖(⇦変態かw)

もっともっと体重かけてくれてもいんだけどなぁ(ヨダレ)

と言うことで、とりあえず「手からのエサやり」に成功しました。

しばらくはこれを続けて「手は怖くないんだ」というイメージをつけてもらうことにします。

ただ、難点は、ペレットをますます食べなくなってしまうこと。

いちおケージ内には設置してあるんですがねぇ…。